過去の記録(年度)  2013  2012 2011 2010

2014年度 三重大学教育学部附属教育実践総合センター 活動記録

 


    

構成員 (平成27228日現在)

 センター長(併)  教授 新田 貴士 数学教育nitta@edu.mie-u.ac.jp059-231-9339

 専任教員

  教育工学部門   教授 下村 勉 教育工学 (simomura@edu.mie-u.ac.jp059-231-9340

  教育実践研究部門 教授 須曽野仁志 教育実践学susono@edu.mie-u.ac.jp059-231-9341

 兼務教員     附属中学校副校長 前田 豊美  

 事務補佐員        大平 幸枝(ohira@salon.edu.mie-u.ac.jp059-231-9339


センターの概要

三重大学教育実践総合センターは、1977年設置の教育工学センターを前身とし、1987年教育実践指導センター改組を経て、1999年に現在の3部門から成るセンターに至っています。内地留学で受け入れた現職教員が研修後も参加する「学習支援研究会(1985〜)」「iCERP(アイサープ)研究会(2004〜)」などを継続的に実施しているのが特徴です。教育臨床研究部門の専任教員の転出により欠員状態になり、2014年度はその部門に関する活動がありません。20154月から「教職支援センター」への改組の予定です。

 

■ 学内での年間活動状況

a) センター主催・共催の研究会・研修会

名称

概要

時期

期間

対象

回数

参加者数

センター主催 iCERP(アイサープ)研究会(第34回〜第36回)

部門、学部、附属の連携のための研究会

2004年度から継続

2014.82015.3

1

学部・附属・他

年3回

延べ
110名

学習支援研究会(第344回〜第355回)

月例会での研究・実践の発表と討論

1985年度から継続

2014.42015.3

1

学校教育関係者

12

平均17名延べ

240

三重インターネット教育利用研究会(MIEUP

メーリングリストによる交流

2013.42014.3

1

学校教育関係者

 

登録者

25名


b)
 センター専任教員の学部・大学院教育への参与状況

● 学部担当授業

担当教員名

授業科目名

コマ数

人数

学期

備考

下村 勉

教育工学

1コマ

54

後期

 

下村 勉

教育工学演習、メディア

リテラシーと情報表現I

1コマ

11

前期

 

下村 勉

情報処理講究I

1コマ

6名

通年

 

下村 勉・須曽野仁志

情報科教育法

1コマ

22

通年

 

須曽野仁志

教育工学

1コマ

105

前期

 

須曽野仁志

教育実践演習、メディア

リテラシーと情報表現2

1コマ

26

後期

 

須曽野仁志

博物館・情報メディア論

1コマ

62

前期

 

須曽野仁志

情報処理講究U

1コマ

4

通年

 

須曽野仁志

異文化間教育

1コマ

20

集中

三重大学・天津師範大学2重学位学生のための講義、天津にて

● 大学院担当授業

下村 勉

教育工学特論

1コマ

9名

前期

 

下村 勉

教育工学特論演習

1コマ

7

後期

 

下村 勉

課題研究T

1コマ

1

通年

 

下村 勉

課題研究U

1コマ

1

通年

 

須曽野仁志

学習支援特論

1コマ

18

前期

 

須曽野仁志

学習支援特論演習

1コマ

8

後期

 

須曽野仁志

学校教育特別研究

1コマ

15

後期

 

須曽野仁志

課題研究T

1コマ

3

通年

 

須曽野仁志

課題研究U

1コマ

1

通年

 

【 学 部 】○卒業研究生受け入れ・卒業論文指導
        情報教育課程 2年生:4名、3年生:3名、4年生:4名、計11名) 天津DD 2
       〇研究生(留学生) 1名

 【 大学院 】○大学院生の修士論文指導 M22名  M15名 

【 教員免許更新講習 】 必修講習講師 8選択講習講師 4(下村1回、須曽野11)

 【 その他 】 高等教育創造開発センター教育開発部門 兼任(下村)

        附属中学校学校長 兼任(下村)


 

 対外的な教育・研究活動状況

a) 都道府県/市町村/公立学校等との協同事業による研究会・研修会

名 称

概 要

時 期

期間

対象

回数

人数

情報教育教員内地留学生

県教育委員会派遣の教員の受け入れ

2013.42014.3

1

学校教員

 

2

教育臨床教員内地留学生

県教育委員会派遣の教員の受け入れ

2013.42014.3

1

学校教員

 

2名

三重県内学校園対象デジタルストーリーテリング支援

DST制作支援・制作用マイクなど貸し出し・学生派遣

2013.42014.3

1年

学校教員・児童

3

80

教員研修モデルカリキュラム開発事業による研修会

プログラミング環境「Scratch」を用いた教材開発」

2014.72015.3

3

学生

3

20

三重県立津西高校への支援 1日総合大学体験講座 2014.9.26  1日 高校生   1回  55名

伊勢高校SSH事業のサポート授業

講義「効果的なプレゼンテーション」

2013.5.21

1

生徒

1

120

四日市市立笹川中学校の研究実践の指導助言

プレ学校公開にて講演

授業研究会にて講演&助言

2013.6.1911.12

2回

学校教員

2

50


b) 
教育臨床部門専任教員による公立学校等へのカウンセリング/コンサルテーション活動状況

  専任教員欠員のため活動なし

c)   その他

・国立大学教育実践研究関連センター協議会会長

・国立大学教育実践研究関連センター協議会国際協力幹事

・伊勢高等学校SSH事業運営推進委員会副委員長

・伊勢高等学校学校関係者評価委員会委員

・平成26年度統計グラフ三重県コンクール「パソコンの部」に内地留学生・学生が6人(7点)出品
(うち5点が入賞:県知事賞、教育長賞、努力賞2点、奨励賞1点)

・平成26年度統計グラフ全国コンクール「パソコンの部」に内地留学生・学生が2点出品、2点が佳作入賞。

・平成26年度ICT夢コンテスト(コンピュータ教育推進センター(CEC)主催)で、センター内地留学経験者の活用実践が4件受賞(NHK賞、宮島龍興賞、奨励賞2件)

・三重大学教育実践センターの紹介パンフレットの更新

・三重大学教育実践総合センター紀要35号の発行(年1回)

・三重大学教育実践総合センターWebサイトの更新(毎月1回)

 

 センターの外部資金導入状況

a)  センター専任教員が研究代表の科研費受給状況

助成金名称

研究題目

本年度金額

研究期間

研究代表者

基盤研究(C)

デジタルストーリーテリングを活用した「自ら学び続ける教員」の育成と支援

140万円

20142016年度

須曽野 仁志

b)  センター専任教員あるいはセンターとして受給した学内GP等

助成金名称

研究題目

本年度金額

研究期間

研究代表者

平成26年度教員研修モデルカリキュラム開発プログラム

子どもの思考力・判断力・表現力を育成するプロジェクト型教員研修カリキュラムの開発〜Scratchを用いて〜

177万円

2014年度

下村 勉

 


(最終更新日:2015.6.17、 初版作成2015.5.29)