三重大学教育学部附属教育実践総合センター主催
   
第1回 i CERP(アイサープ)研究会開催報告
 日時:2004年8月25日2:30〜5:00
 会場:三重大学附属養護学校
 参加者:35名

挨拶:三重大学教育学部附属教育実践総合センター長 栗原輝雄

パネリスト
鈴鹿市立大木中学校教諭 北川 薫
三重大学教育学部(美術教育講座) 上山 浩
三重大学教育学部(附属教育実践総合センター) 岡田 珠江 

司会:附属教育実践総合センター 須曽野 仁志
 去る8月25日、三重大学附属養護学校に会場をお借りして、「インターネット時代の子どもたちーこころとコミュニケーションのかたちーを共通のテーマとして、シンポジウムを開催致しました。 北川薫先生からは、インターネット・メールに関するアンケート結果をもとに勤務校での様子を紹介して頂きました。上山 浩先生からは、宮崎大学や三重大学の附属小学校での実践例に基づき、「作品への感想・コメントの交流」や「ビジュアルコミュニケーション」などを紹介してもらいました。 岡田珠江先生からは、今どきコミュニケーションとしてのメールコミュニケーションの特徴、生起しえる誤解、それをさける工夫などの話をしていただきました。その後、参加者からの質問や感想・コメントが活発に行われ、有意義な時間となりました。今後もいろいろな形式で、この研究会を継続していく予定です。

 * i CERP(アイサープ)は、教育実践総合センター(Integrated Center for Educational Research and Practice)の略称です。
2004.8.30 作成・文責 下村勉(教育実践総合センター)・協力:小山史己