三重大学教育学部附属教職支援センター
研修開発支援部門

新着情報:2017年 3月18日(土)に、三重大学教育学部附属教職支援センター主催の第38回アイサープ研究会-教育実践成果発表会と特別企画-を開催します。詳細はこちらをご覧ください。(2017.2.28)

 概 要


 三重大学教育学部附属教職支援センターは、2015年4月に設立されました。
 従来の教育実践総合センターに、教職支援室と連携支援室を統合し、「教員養成支援部門」「学校連携支援部門」「研修開発支援部門」の3つの部門と「総合支援室」から成り立っています。
 これまでの教育実践総合センターの機能は、研修開発支援部門が継承し、現職教員の研修や教師教育に関する開発と支援を行っています。


総合支援室
教員養成支援部門
学校連携支援部門

旧教育実践総合センター

教職支援センター(旧教育実践総合センター)外観

 スタッフ

教員研修支援部門には現在2名の兼任教員が配属されています。

 活動内容

教員養成教育および教師教育に関する研究・プロジェクトの実施、および研修会・研究会などの開催を行っています。特に、学校教員と大学教員から構成される「学習支援研究会」の月例会は30年近く継続されています。
また、三重県教育委員会が派遣する教員内地留学生を毎年受け入れて研修・研究指導を行っています。その研究成果は、毎年3月に、センター主催のアイサープ研究会で発表しています。

 関連リンク

・三重大学教育学部附属教職支援センター ・三重大Moodle2
・三重大学教育学部 ・コミュニティーMoodle(卒業生Moodle)
・三重大学  ・学習支援研究会Moodle
国立大学法人教育実践研究関連センター協議会 (旧)三重大学教育学部附属教育実践総合センター

 問合せ

〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577  
三重大学教育学部附属教職支援センター研修開発支援部門
TEL  059−231−9339  FAX  059−231−9343
e-mail  miyamura(アットマーク)edu.mie-u.ac.jp

  (最終更新日:2016.2.24、初版作成 2015.5.28)